2013年06月13日

ワークブーツ&ドレスブーツ1

ブーツは細い爪先をしていて、馬が動く時、素早くあぶみを探すことができ、筒の上の部分はゆるめになっているので、もし罠にかかったりした時には急いで脱ぐこともできたのです。膝丈のブーツは岩石や植物のトゲ、蛇などに対する防御の意味があり脚や足首の打撲や摩擦を守るためでした。
ウエスタンブーツは最初に誰がデザインしたのか、わかっていません。しかしそれはカウボーイの生活、仕事、環境の必要性の中からうまれてきたことは確かです。
ウェスタンブーツには大きく分けて二種類のタイプとして、ワークブーツ、ドレスブーツです。ワークブーツは機能性に秀でたブーツで、用途に適した実用性が重視されます。 革には必ず強く丈夫なものが使われ、スタイルはシャフトを通常の4ピースタイプにするものと、 2ピースタイプのフルウェリントンと呼ばれるものがあります。
  
Posted by kimo at 20:37Comments(3)TrackBack(0)