2013年12月04日

雨の日でブーツの対応




暖かいブーツは履いていて楽で可愛いから、足元の冷える寒い冬に、人気がずいぶんありますよね。
でも水はに対して大の苦手とも言えますね。雨の日にブーツを履くと、つま先が濡れて染みなってしまいます。
そうなってしまうと大変ショックです。ですから、あらかじめ防水対策をしておくことが大事なんですね。
まず、お手入れするが、本物のシープスキンか、人工レザーによって違ってきます。
なぜなら、普通の防水スプレーには有機溶剤が含まれており、合皮は有機溶剤に溶ける場合があるからです。
防水スプレーは、履く前に3回くらいがおすすすめ。買ったばかりのブーツには左右まんべんなくかけてあげてください。
スプレーするときの注意点なんですが、近すぎたり、一か所に集中させしぎたりすると、しみになる可能性があります。
できるだけ離して、薄いベールをかけるようにスプレーすること。完璧な防水対策は無理ですが、少しのお手入れをするだけでも違ってきますよ。
大切なを少しでも長持ちさせるために、先回りしてお手入れしておくことが大切となってきます。